エアコン工事を頼む際の注意事項【自ら業者を手配する】

空調機

エアコンを取り付けるなら

大阪でエアコン取り付けを行うのであれば自分で取り付けを行ってエアコンを故障させたり、自分が怪我してしまうことを防ぐために、エアコン取り付けのプロである業者さんにエアコン取り付けを依頼したほうがいいでしょう。

取り付けを頼む前に

空調機

確認しておくこと

エアコンを購入するときは工事がセットになっているのですが、最近はエアコンはネットで購入して工事は自ら業者を手配するという方も増えています。エアコンを安く買って工事を自分で業者に頼もうかと考えている方は、以下に点に気を付けてください。エアコン工事をするときは作業するスペースが必要になるので、取り付けをする作業員が作業をしやすいように取り付ける場所の周囲にあるものは片付けておくのがいいでしょう。作業の邪魔になるものがないので、エアコン工事もスムーズに進むはずです。あわせて、室外機の設置スペースも必要になるので、置き場所を片付けておくことも必要です。エアコンは通常の家電製品とは異なり、本体と室外機がセットになっています。また、エアコンを設置するには30A以上必要になるため、ブレーカーの確認も忘れないようにしましょう。30A以下の場合、事前に電気工事業者にブレーカーの交換を頼むか、エアコン工事を頼む業者が引き受けてくれるか尋ねておくといいでしょう。電気に関しては、コンセントがエアコンに対応しているかも見ておきたいポイントです。エアコンには100Vの電圧を使用する製品と200Vのものがあり、一般家庭のコンセントは100Vなのでエアコンを設置する場所のコンセントが対応していないケースもあります。この場合はコンセント交換工事しなければいけないため、コンセントがエアコンの電圧に対応するものなのか見ておきましょう。エアコン工事をする際にコンセントの工事も一緒に頼めるので、必要な方は頼むといいでしょう。この他、新設ではなくエアコンの交換になる場合には、古いエアコンは引き取ってもらえるのか確認も必要です。

エアコン

エアコンの能力について

家庭用エアコンはフロアの広さで能力を決めることができますが、業務用エアコンは広さだけでは能力を決めることができず、業種によって同じ広さでも異なる能力が必要になります。素人目線で能力を決めるようなことはせずに、専門家に見積もってもらうようにしましょう。

男性作業員

夏も快適に過ごす

自宅でエアコンが設置されていない部屋にエアコンを取り付けるなら、地元で活躍しているエアコン工事業者に依頼します。設置する場所など綿密な事前打ち合わせが出来るので、プロで地元の業者への依頼は人気です。事前打ち合わせをきちんとすることで、エアコン工事当日はスムーズに仕事をしてもらえます。

エアコン

プロに任せて安心

エアコンのような大型家電を購入する方法も今ではいろいろなルートがあります。大阪でもエアコンを家電量販店ではなくインターネットで購入する人が少なくありません。エアコン取り付け工事をしてくれる業者が多いので安心して購入できるのです。

室内機

強力なパワー以外の特徴

業務用エアコンは、大きくてパワーが強いだけと考えている人がいますが、そのパワーを生み出しているのが三相3線式の200V動力電圧を使っていて、長時間の使用に耐えられる堅牢な作りはあまり知られていません。